Denmark LE KLINT Esben Klint 307 Table Lamp

1948年にEsben Klintによってデザインされたテーブルランプ307はLE KLINTのラインナップの中でも最もオーソドックスなモデルです。伝統のフレア型のシェードが気品ある影を見せてくれます。


E26 電球型蛍光灯(電球色)10W (60Wタイプ)付属

Designer: Esben Klint

コーア・クリントの息子である。優れた多くの建築家の下で幅広い教育を受け、父を師事し、そのまま弟子となった。建築家の彼がプロデュースした教会や家具などの作 品群は、父親の思想をそのままトレースしている。レ・クリント社のランプ造形でも、その豊かなデザイン思想を受け継ぎ、同社製品の魅力を醸し出している。

LE KLINTについて

20世紀初頭、デンマークの建築家P.V. イエンセン クリントによってLE KLINTのランプシェードは生み出されました。クリント家の家内制手工業として始まった手作りのランプシェード作りは、その美しさと機能性から人気を呼び、1943年にLE KLINT社が創立されました。
一枚の紙を規則的に折りあげていくことによって形作られる折り目の美しいシェードは電球の強い光りを和らげ、優しい明かりがお部屋に広がります。LE KLINTのシェードが織りなす光と影の美しい模様は、心を潤すあかりの芸術品です。
長年、紙で作られていましたが、現在では薄い白色のプラスチックフィルムを使って手作りされています。 素材の変更により、より明るく、耐久性も高まり、お手入れも簡単となり製品の完成度がより高まっています。

DESCRIPTION
Design: Esben Klint
Brand: LE KLINT, Denmark
Color:
size: 38×38×H51cm
condition: New
  -->